Code no.253  射手座13度 明るみに出る未亡人の過去


code.No253

射手座13度  「明るみに出る未亡人の過去」

A widow’s past brought to light.


過去の知の遺産を受け継いで現代風に修正していく・発見の人

🌟Keyword・エネルギー

「訂正」「修正」「改正」「真実の追求」「新しい見解」「知の遺産」

img_3699

🌟13度 (柔軟宮)

*パワー全開度数

周囲も圧倒するほどのカリスマ的な力を発揮するのが13度。

11度で潜在能力を活性化させ

12度で直感力やハングリー精神を発揮した射手座は

13度で探求した事柄に新しい光をもたらします。

🌟ドデカテモリー

*牡羊座/牡牛座

牡羊座の「パイオニア精神」と牡牛座の「受け継いだもの」を利用して

射手座に達成力を与える。

🌟射手座13度の可能性のある日付け

12月4日、5日、6日

🌟目指す方向性

・自分の興味のある分野における「真実」「正しい答え」を追求していくこと。

・潜在能力を発揮していくことで難解な壁を突破することができる。

・過去の遺産や知識などを、現代風に新しい解釈を加えて発表すること。

・過去の遺産や知識などを受け継いでいく役割を意識すること。

・夢や直感、ひらめきなどから突破口となる考えを受け取ること。

・この世界の謎を解明していく。

・「好きだから」「役に立ちたい」という純粋な気持ちで探求していくこと。

・自分の本質や自分のルーツなどを探っていく。自分探し。

・前向きに前進していくこと。

🌟この度数の人の特徴

・哲学的思考の人。

・冴えた直感力を持つ。潜在能力を活用できる人。

・純粋で素直な欲求に突き動かされる。

・前向きでいつでも立ち直って前進することができる。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・学術研究発表会の時。

・自分探しの旅をしている時。

・潜在能力を発揮して超能力的パワーを発揮している時。

🌟シンボル考察

*新しい見解をもたらす

13度は

今まで築いてきた射手座の特質を、

大げさなくらい使用して場を支配していくかのような度数。

なのでカリスマ的な力を発揮すると言われている度数です。

その射手座的なカリスマ的な資質とは「探求力」。

柔軟な視点で

新しい発見をしていくことができるようになります。

今まで教わってきた歴史の内容を覆すかのような

新しい見解を見つけることが出来るようになるんです。

「イイクニ(1192)作ろう鎌倉幕府」って長らく教わってきたのに

いつの間にか

「イイハコ(1185)作ろう鎌倉幕府」に変わりましたが

そんな感じの新しい見解。

この「イイハコ説」を証明する論文が発表されたのは

ずいぶん前で、戦前のことだそうです。

東大教授で偉大な法制史学者の肩書きを持つ「石井良介」氏が、

まだ若かった頃に、

鎌倉幕府が発行する公文書や文書を集め、

徹底的に分析し追求した結果、

1185年という年号に辿り着いたとか。

こんなふうに、

歴史的資料や昔の古文書を集めて調べたり、

遺跡の発掘で、新しい事実を示すようなものを発見したり、

また、

潜在能力を発揮して

スピリチュアルな教えを授かったりして

新しい見解は、もたらされるものですが、

射手座は今までの体験において

それをやってのける力を身につけてきました。

一つのテーマを突き止めていく学者のように

ハングリー精神を発揮して

真実を見つけ出す力を持っているんです。

それが射手座13度。

あっと驚くような真実を見出して

それを提示することが出来るんです。

射手座してやったり的な

カリスマ度数なんです。

*学者と研究家

学者さんと呼ばれるような人たちは

好奇心が旺盛で

子供のまま大人になったような人が

多かったりしますよね。

子供の頃から昆虫が好きで

それを追求していたら学者になった

みたいな感じで

自分がワクワクする楽しいことを追求していった結果、

学者の道を歩んでいたなんてケースもあるし

子供のように純粋な気持ちで

「人類の役に立ちたい」って思いで

研究に没頭している学者さんもいます。

大学や研究室で

「大好きだから研究したい!」

「人類の発展のために!」

って純粋な気持ちで行われている研究は

全て、射手座エネルギー。

射手座の純粋な気持ちが、

社会や人類の発展に大きく貢献してきたんです。

また、

何も学者としての肩書きがなくても、

それが好きで研究していたり

人類の役に立ちたいという思いで

新しい見解を探している人達もたくさんいますが、

それも全部、射手座エネルギー。

占星術家においても

海外の昔の資料を集めて熱心に研究している人もいるし、

人々が幸福に暮らせるようにと

宗教やスピルチュアルな教えを研究している人もたくさんいます。

射手座13度は

そんな研究を通して

新しい見解を見出すことができる度数。

例えば

このサビアンシンボルだって

エドワード・ジョーンズが見出した

占星術の新しい見解です。

はるか昔から

360度の丸い円

一度一度、全てに意味があると言われていて

ドデカテモリーやデーカンという概念で説明されていたのですが、

チャネリングという手法を使用して

360度全てのイメージを手に入れて

それに意味を与えたのがサビアンシンボル。

この新しい見解のおかげで

占星術の見方がグーンと広がりました。

科学で説明しきれないものを

「チャネリング」や「透視能力」を使用して

答えを見出すなんて!

って思うかもしれませんが、

例えば射手座11度、12度は

潜在能力を活性化させて直感力を高め、

そこから答えを得るという体験領域です。

潜在能力のパワーって言ったら

湧き出てくる底力や

超能力や第六感や霊能力みたいな力で、

そんな力を私たちは持っている。

ただ、脳がリミッターをかけていて利用していないだけってことで、

射手座は真実を探求するために

脳のリミッターを外し

潜在能力で真実を探しにいくという方法も身につけたんです。

そんな潜在能力を

有名な研究者や学者さんも無意識的に大事にしていて

「直感力」や「ひらめき」が大事だと言います。

そこから

真実に到達するための答えが見出せたりするからです。

なので

直感力とも言えるチャネリング、イメージの力も侮れない。

サビアンシンボルも

不思議なことに全部、理屈に合うんですよねー。

エドワード・ジョーンズと一緒に実験をした

チャネラーの女性は、

ジョーンズの占星術研究会の弟子だったと言いますから、

もしかしたら、

ドデカテモリーで、ある程度の度数の意味を知っていたのかもしれないし、

ジョーンズが、「チャネリングで得た」ってことにして

勝手にドデカテモリーで割り振ったのかもしれないし、

本当の所はよく判らないけど、

こうやって360度の意味を探求していると

「これは真実だわ」って確信できるものが私にはあります。

360度の丸い円は

アカシックレコードだと言われていますが

それも今では、納得しています。

なんせ私も射手座なもので

ワクワクするものを

左脳的、右脳的に追求するのが好きなんですよね。

もし、私が射手座13度生まれだったのであれば

探求しているサビアンシンボル、

もしくはアカシックレコードの

新しい見解を発表するという方向性を目指すのかもしれません。

あいにく、射手座23度生まれなもので、

またちょっと違う方向性を目指すことになるわけですが、

射手座は射手座。

私もこの度数のエネルギーを引っ張り出して使用するのを

心地よく感じるんです。

*前進させる

ということで

ドデカテモリーで言えば

この度数は牡羊座と牡牛座の資質が混ざっています。

「未亡人」というワードが出てくるシンボルは

360個のうち、二つあって

この度数と、牡牛座5度に未亡人が出てくるんですよ。

牡牛座5度の未亡人のシンボルは

「自分の遺伝的な資質を掘り尽くす」という意味で

DNAの設計図によって肉体は形成されるわけですが、

「もうこんなもんかね」

「もっと使える資質、あるんじゃない?」

って最終チェックをして、

「前へ進む」という度数だったんです。

射手座13度の未亡人も

それと同じように、「前へ進む」。

過去の、知の遺産や歴史なんかを

掘り尽くして、調べ尽くして、研究し尽くして、

新しい解釈を加え、知識を前進させるんです。

過去の偉大なる知識や知恵を

現代風にわかりやすく解釈して

改めて役立てるように、修正するんです。

直感力で得た答えを

論理的な知性で追求しながら

新解釈を加えていく未亡人は、

過去の遺産を現代仕様に置き換えて、その真実を明るみにするのです。

ロゴ