Code no.240 蠍座30度 ハロウィンのわるふざけ


code.No240

蠍座30度  「ハロウィンのわるふざけ」

The Halloween jester.


ナチュラルに湧き上がる感情を楽しむ・いたずらっ子

🌟Keyword・エネルギー

「自発的な」「自然に起こる」「サプライズ」「突発的で抑制のない自然な感情」
「悪ノリ」「やりたい放題」「悪ふざけ」「子供的遊び」「無邪気さ」

img_3232

🌟30度 (固定宮)

*水のエネルギーを吐き出す度数

例えば、

私たちを動かすために必要な動力が

「風力、地熱、火力、水力」というエネルギーだったとして

そのエネルギーを貯めておく充電池を身体のどこかに持っているとしたら

蠍座であれば「水力発電」のような「水のエネルギー」を

自分の充電池に充電して動いていきます。

img_2981

蠍座最初の方の度数では、このマイ充電池に「水のエネルギー」を

勢いよく充電させていくのですが

蠍座最後の方の度数では

次のサインに向けて充電池を空にして明け渡すために

貯まっている「水のエネルギー」を吐き出す作業に入ります。

28度でエネルギーの流れを変換して吐き出す準備を始め

29度ではいよいよ

「水のエネルギー」を吐き出す作業に入り

30度では全部、放出して空にする。

残っている「水のエネルギー」を全部使い切って空っぽにするために

蠍座が培ってきた「水のエネルギー」全部を使い尽くすのです。

🌟ドデカテモリー

・天秤座

天秤座の「社交術」を利用して、蠍座に楽しさを与える。

🌟蠍座30度の可能性のある日付け

11月21日、22日、23日

🌟目指す方向性

・感情の多彩さを体験していくこと。

・自然に湧き上がる感情を大事にする生き方を目指すこと。

・人を驚かす仕掛けで(サプライズ)感動を呼ぶこと。

・子供のような無邪気さを忘れずに。

・攻防戦を楽しむこと。

・豊かな感情体験で、日々を楽しく過ごすこと。

・遊ぶ時は本気で遊ぶこと。

・祭りやイベントなどに積極的に参加していくこと。

🌟この度数の人の特徴

・明るく元気であっけらかんとした人。ムードメイカー。

・子供のような、悪のり、いたずら大好き。

・毒舌家。冗談がきつい。

・真面目な雰囲気が苦手で茶化してしまう。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・ハロウインパーティ

・サプライズを仕掛けて彼氏を感動させた時。

・悪ノリがすぎて調子こいてる時。

🌟シンボル考察

*情の世界からの解放

30度は蠍座の最後を飾る度数です。

次の度数はもう射手座1度なので、蠍座の体験はこれでもう本当に終わり。

ということで、

最後の最後に、

今まで築き上げてきた蠍座の資質を引けらかすかのように、派手に振る舞うのが30度。

蠍座のエネルギーを全部吐き出すかのように、出しきって次へと進んでいきます。

蠍座は「情に厚い」サインですが

29度において

「情を断ち切る強い決断力」というものが出来上がりました。

次の射手座は「自由」を求めるサインですからね。

情に縛られて動けなくなる状況から抜け出さなければならないんです。

状況をよく観察し、

「どの方法が一番丸く収まるのか?」

「どの方法が示しがつくのか?」ということを考え、

出た答えが、相手にとって冷酷な結果だったとしても、それを実行する。

情に厚い蠍座が

情の繋がりよりも、

状況の本質を見据えた判断を優先するようになったんです。

浮気を繰り返す彼氏に対して

泣いて謝るからって、今までは許してきたけど、

「ちょまてよ。私も、もういい歳だ。この人は結婚したとしても必ず浮気する。

結婚しても浮気されるのは嫌だ」

全てを統合して判断して、そんなことに気づいた彼女は

意志を固くもって、毅然とした態度で別れを告げる。

こんな体験が29度だったとしたら

30度は

「あーすっきりしたー。」という心境。

気が楽になって、イキイキ伸び伸び。

「なんでもっと早く別れなかったんだろう。」って、

自分の時間をエンジョイしているんです。

今まで自分の感情は

彼との関係において、高ぶったり穏やかになったりしていたわけですが

その関係性が消えた今、

自分の感情は自分だけのもの。

自分が好きなことをやって楽しむもよし。

悲しい映画を見て涙を流すのもよし。

自由気ままに自分の感情を楽しんでいるのです。

*Trick or Treat (トリック・オア・トリート)

ハロウィンは、

古代ケルトが起源と言われているお祭りで、

秋の収穫を祝いながら悪魔を追い出す宗教的な儀式が始まりといいます。

子供たちが

「Trick or Treat (トリック・オア・トリート)」 と言いながら、

家々を訪ね、

お菓子を集めて回る習慣があるわけですが、このトリック・オア・トリート。

「ごちそうをくれないと、いたずらしちゃうぞ!」

というニュアンスの言葉になっています。

これはもう、

お化けの脅迫以外のなにものでもない。

しかし、小さなお化けに

「いたずらか、ご馳走か。どっちがいいのかね」と言われたら、

それはもう可愛らしくて、たんまりとお菓子をあげてしまいそうですが、

「いたずらを選ぶのか。

それとも、ご馳走を施す事を選ぶのか」って、

よくよく考えてみたら、

別にどちらも選ばなくてもいいのではないかと思いますけども、

この言葉は、人の心を操るトリック満載の言葉。

「どちらかを選ぶのは当然」

そして「お菓子をくれるのは当然」のようなムードにさせて、

まんまと自分の望むお菓子を手に入れる。

蠍座が得意な心理戦のテクニックが練りこまれている言葉なんです。

例えば座っている時に、立ち上がるのが面倒くさい時。

近くにいる家族に目的のものを取ってきてもらいたいのであれば、

「向こうから漫画、持ってきてもいいよ」

という言葉を使用してみる。

相手は、「〜してもいいよ」という言葉を使用されることで、

許諾されたと一瞬勘違いして、動いてしまうという技がありますが、

そんなふうに、言葉のトリックで遊ぶ。

まんまと持ってきてくれた家族に対して

内心「しめしめ」と子供のように無邪気に喜ぶんです。

トリック・オア・トリート。

いたずらかご馳走か。

二択にして相手の意思で選ばせたかのような気にさせる。

心理戦を明るく楽しく無邪気に使用するのです。

*無礼講

お祭りやイベントは、無礼講で楽しむものですが、

ハロウインなんか思い切り無礼講ですよね。

お化けのコスプレして街を歩けるし

知らない人の家を訪ねて「菓子出せ!」って脅迫できるし

しかも

お菓子をくれない家主に対しては

宣言通り、「いたずら」という報復をしてもいい

というルールになっているんだそうです。

家の玄関に生卵を投げたり

ホイップクリームをまいたり

飾ってあるカボチャにトイレットペーパーを巻きつけたり。

いずれも可愛らしい報復ですが

それに対して家主もイタズラで迎撃していいとか。

本場のハロウィンは、

街全体で大人も子供も攻防合戦を繰り広げられる日。

なんかとても楽しそうですが

蠍座30度は、お祭りの無礼講気分で楽しむ度数。

感情は定期的に解放することで

心身ともに健康にいいですからね。

遊ぶ時は本気で遊ぶ。

楽しむ時は本気で楽しむ。

無礼講気分で感情を解放するのです。

*感情の多彩さを味わう

蠍座が26度から培ってきたのは

「深い洞察力を使用して、物事の本質を見抜き

行動することで人々に提示すること」です。

それに倣うのであれば

30度は

感情の本質を見抜いて、それを人々に提示しているんです。

感情というものは

突発的で抑制が効かず、自然に湧きあがってくるものです。

「ハロウィン」であれば

「楽しい・可笑しい・嬉しい・好きetc..」というポジティブなものに始まり

「怖い・むかつく・嫌い・不快」というネガティブな感情も

体験しうるイベントです。

私たちが持っている感情の豊かさ、多彩さを

一晩で味わえるイベントなんです。

そんな感情の種類、多彩さ、豊かさを体験することで、

人の痛みが判る深みのある人になれます。

自然に湧きあがってくる感情を素直に表していくことで、

人々を感化させることが出来るのです。

ロゴ