Code no224 蠍座14度 仕事をしている電話接続士


code.No224

蠍座14度  「仕事をしている電話接続士」

Telephone linemen at work.


必要な人脈をコントロールする心の接続士・繋げる人

🌟Keyword・エネルギー

「取り付け」「結合」「接続」「愛着」「傾倒」「人脈のライン」「情を絡める」

img_2744

🌟14度 (固定宮)

*新しいシステムが安定する度数

13度でカリスマ的な力が発揮されたのですが

そのカリスマ的な力を日常生活の中に落とし込み安定させるのが14度の働きです。

🌟ドデカテモリー

・牡羊座

牡羊座の「衝動の力」を利用して、蠍座に行動力を与える

🌟蠍座14度の可能性のある日付け

11月5日、6日、7日

🌟目指す方向性

・適材適所で考えて実際に人を動かしてみること。

・考え抜いた作戦を実行すること。

・本当に必要な大切な人との関係性を大事にすること。

・定期的に人脈の整理をすることで方向性が見えてくる。

・新しい繋がりを嫌がらずに受け入れていくこと。

・心の配線を誰に繋げるのか?

🌟この度数の人の特徴

・根回し上手。人を動かすのに長けている。強い勢いをもつ。

・人との関係において合理的な考えを持っている。

・余計な人づき合いに興味がない。

・狭く深く付き合いたいタイプ。

・方向性が決まるとそれにむかってまっすぐに突き進む。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・名刺整理やアドレス帳の整理をしている時。

・気になる相手に「心の配線」を繋げるための作戦を決行している時。

・人を上手く動かして自分に利益をもたらしている時。

🌟シンボル考察

*13度の策略を行動に移していく

14度は

13度で獲得した資質を自分の内部に浸透させていくかのような度数です。

それを確実に自分のものにするために、

ゆっくりと時間をかけて浸透させていくのです。

蠍座が13度で獲得した資質とは

「自分に新らしいメリットをもたらすアイデアの思考実験」。

「実験をしている発明家」というシンボルだったのですが、

その13度の発明家は

電話を発明した「グラハム・ベル」のことだったとでも言うのでしょうか。

14度では

電話線を接続する様子が描かれています。

グラハム・ベルの仕事は

実験を重ね、試行錯誤して、電話を発明すること。

完成した電話を

実際に役立てようと繋げていくのは、

電話接続士の仕事です。

つまり、

13度であれやこれやと試行錯誤して考えだしたものを

14度では実際に行動に移して役立てていくんです。

*フォースの力

電話って便利ですよね。

その仕組みを知らないと、遠くにいる人と話ができるなんて

なんだか魔法のようにも思えます。

今はWI-FI飛び交う電波でのスマホでの通話が当たり前だけども

基本的な仕組みは、電話線を各家庭に繋げること。

電話回線を繋げることで

遠くにいる人と繋がることができます。

蠍座は、

人と繋がっていくことで自分を強くするサイン。

13度の蠍座の発明家は

人脈をどう生かしたら利益がもたらされるのか?

目的とするターゲットに近づくには、どうしたらいいのか?

AさんとBさんを会わせたら、何ができるか?

誰を〜に配置したら、

どういう能力を発揮して、自分にどういうメリットをもたらすか?

そんなふうに

人を駒に見立ててあれこれと策略を考える思考法が完成したのですが

14度においては

それらのことを実際に行動に移して自分にメリットをもたらすんです。

実際に、AさんとBさんを会わせて

二人の化学反応が作り出すものを活用したりと

考え抜いた作戦を実行していくんです。

例えば

自分がサッカーチームを率いる監督だとして

最も効率的にチームを動かすにはどうしたらいいか?

優勝するにはどうすればいいのか?

次の試合には誰を出そうか?

そんな時

チーム内の個人のそれぞれの適性にあったポジションを見出して

適材適所で人を配置することに労力を払うことになるかと思いますが

悩んだ挙句、決定したことを発表するまでが

13度の「発明家」の仕事だとしたら

14度の接続士は

現場で指示するコーチのようなもので

監督が示した方向性を守りながら、

最も効率的なパフォーマンスが出来るように仕事をしていく。

選手を動かしていくんです。

つまり、

練った策略を

実際に行動に移していける度数。

人を動かすことで

自分に利益をもたらす「フォースの力」が完成したのです。

*人脈をコントロール

電話接続士の仕事は、

各家庭に伸びている電話線を点検したり整備したり、

新しく設置したり撤去したりすること。

つまりは人為的に操作して、

繋がりを整理してコントロールします。

蠍座の電話線は、「人と人との繋がり」の配線。

「人脈の操作」をする時にも活躍してくれます。

私たちは人生という限られた時間の中で生きていますが

この限定された時間の中で自分の目的を果たしていくには、

無駄な付き合いや無駄な時間というものを省いていく必要があります。

自分の目的を叶えてくれそうな相手。

それは文字通り、

手助けして引き上げてくれる人もいるでしょうし、

同じ夢を持っていてモチベーションが高まる相手もいることでしょう。

目的に対して、

あまり有益な情報をもたらすことのない相手とは過ごしている時間はない。

そんな合理的な判断の元、

人間関係を整えていく時にも心の接続士は活躍してくれます。

冷静な匠の技で、どの線が必要で、どの線が必要ではないのか。

それを見極めて、整備してくれるのです。

そうすることで、

有益な情報をもたらしてくれる人との時間も増え、

自分の目的も早く叶えることができるし、

また、

自分が信頼する、

本当に必要な人との濃い関係性も築くことができます。

蠍座は

広く浅く付き合うのではなく

狭く深く付き合っていける人を選別するんです。

私たちの心の中には、

このような重要な役割を引き受けてくれる

「心の接続士」が住んでいるのです。

ロゴ