Code no.220 蠍座10度 親睦夕食会


code.No220

蠍座10度  「親睦夕食会 」

A fellowship supper.


サポートしてくれる仲間の存在が心を強くする・信頼の人
🌟Keyword・エネルギー

「友情」「信頼」「信者」「仲間」「絆」「契り」「約束」「安心」

img_3043

🌟10度 (固定宮)

*蠍座メンタルの土台が完成する度数

「不屈の精神力」で物事を捉え、判断していくという下地が出来上がり

それを積極的に試していくことで、土台を完成させます。

🌟ドデカテモリー

・水瓶座

水瓶座の「博愛精神」を利用して蠍座の価値観(視野)を形成していく。

🌟蠍座10度の可能性のある日付け

11月1日、2日、3日

🌟目指す方向性

・「一人はみんなのために。みんなは一人のために」と思える信頼できる仲間を持つこと。

・同じ目標や夢を持った仲間との絆を大事にすること。

・「自分を持っている人」になる。

・関係性を大事にして長く付き合っていくこと。

・信頼できる人を見つけること。信頼できる自分になること。

・チームワークで能力を活かせる。

・食に気をつかうこと。

🌟この度数の人の特徴

・寂しがりやで友達も多い。

・仲間思いで信頼できる人。

・責任感があり言ったことをきちんと守る。

・思いやりと協調性がある。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・親睦会を開いているとき。

・社会的に自立している信頼出来る人と共同で何かを創作するとき。

・「自分をしっかりと持っている人」に感化されて、そんな自分を目指そうと思った時。

・サポートしてくれる心強い仲間がいるとき。

🌟シンボル考察

*「強靭な精神力」の土台

強靭な精神力を身につけるためには幾つかのポイントがあって

まずは、

「自分にとっての正しい信念を持って、情熱を燃やして進むこと」。

これは蠍座6度と9度において体験した事柄です。

欲望と野心を奮い立たせてターゲットに飛び込んでいく行動力や

「越えられない壁はない!」と情熱を燃やしてチャレンジしていくことを学びました。

次に必要なのは、「己を知ること」。

自分がどんな人間で、

どんな人生を求めていて、今どんな状態にいるのか。

そんなことを自問自答することで自分を知る。

自分が何をしたいのか。

何に適正があるのかを明確に認識することが必要だと言います。

これは、

蠍座7度と8度において

集中して自分と向き合うという方法を学びました。

そして最も重要だと言われているのが

「決して孤独にはならないこと」。

いつもサポートしてくれる最高の仲間たちと道を歩むことが

強靭な精神力のベースには欠かせないんだそうです。

それが蠍座10度の体験。

「私は一人じゃない」。

そんな確信と安心感が、強い精神力の土台となるのです。

確かに

「私は一人じゃない。私には素晴らしい仲間がいる。」と思うと

心強くなります。

心強くなれば、果敢にいろんなことにチャレンジしていくことが出来ます。

「己を知り

己の信念をしっかりと持って、情熱的に挑戦していく。

そんな自分には、

困った時にサポートしてくれる仲間がいる。」

このような状態になれるのであれば

確かに不屈の精神が発揮できそう。

蠍座6度から10度までの体験は

「強靭な精神力」の土台を築くためのエネルギーなんです。

ちなみに、

強靭な精神力を作るには「食も大事」だと言います。

この度数は「夕食会」。

仲間と共に食べる食事は、一人で食べるよりも楽しいし美味しく感じますもんね。

楽しく美味しく頂ければ

心からの満足を感じて精神が安定するのです。

*自分を持っている人

自分を持っている人は

自分のことをよく判っている人です。

自分の意志や信念も明確で、それを誇りを持って貫き通すので

頑固者にもなりますが

自分の意見をしっかりと持っているという魅力にもなります。

芯が通っているので、

何事にも動じない落ち着きを持ち、信頼出来る人でもあります。

敵に回すと厄介だけど

味方になれば、心強い仲間になります。

この現実世界で自己実現していくには

強い精神力が必要です。

反対に言えば、

自己実現している成功者は一様に皆、精神力が強い人ばかり。

蠍座の「親睦夕食会」には

このような「自分を持っている人」達が集まって、絆を深めているんです。

仲間を見つけるなら

信頼出来る「自分を持っている人」が一番。

蠍座はそんな相手を見抜く洞察力を持ってるので

「類は友を呼ぶ」ということで

似たような仲間が集まって手を取り合うのです。

真の意味で自立した個人同士が連携を組めば

こんなに心強いことはありません。

もし、

相手が「自分を持っていない人」だったら

意見はコロコロと変わるかもしれないし

裏切られることもあるかもしれない。

だからこそ

信頼できる資質を持っている相手を仲間にするんです。

自分が困ったらサポートしてくれる。

相手がトラブルにあったら一緒に壁を乗り越える方法を探す。

お互いがお互いを支え合える能力を持った仲間。

信頼し、信頼される性質。

そのようなものを手に入れて

蠍座は、自分の心をさらに強固なものにしていくのです。

*All for one, One for all

「親睦」という言葉がつく会合は、

同じサークルや集団の仲間が、より親しくなれるようにと開く会合です。

また、異なる企業同士が協力関係を結ぶ時などに、

信頼関係を築こうと親睦パーティなどを開いたりします。

いずれにしても人々の絆を高め、信頼できる関係性を形成するのが目的です。

軽い感じで集う仲のいいグループの親睦会もあるし、

「親睦会を開いたからには裏切るなよ」的な

兄弟の契りのような親睦会もあるわけですが、仲間の絆を作り上げる。

同じ目標や共通の趣味を分かち合い、

お互いをねぎらい、

お互いを信用することで「仲間意識」を上げるんです。

例えば何か目標を掲げてチームを結成した時。

仲間と目標を追求していくことになるので、

信頼できる相手を選ぶ必要があります。

仲間を裏切り、

情報を他のグループに売ったりするような人がいたら困るんです。

集まった人たちが、

一緒に目標を達成するためには、それ相応の覚悟を持って一致団結することが大事なんです。

「一人はみんなのために。みんなは一人のために。」

「三銃士」の物語において使用されていた言葉ですが

この言葉を唱えることで、

三銃士達は、強い精神力を発揮していました。

「All for one, One for all」

この言葉を

自分の信念と共に、心に持てるのであれば

どんな障害も超える力となるのです。

ロゴ