Code no.206 天秤座26度 互いに入れ替わる鷹と大きな白い鳩


code.No206

天秤座26度  「互いに入れ替わる鷹と大きな白い鳩 」

An eagle and a large white dove turning one into the other.


知恵と思いやりで信頼を得る・社交の達人

🌟Keyword・エネルギー

「熟練」「達人」「俯瞰的な視野」「自信」「信頼」「知恵」「愛」

IMG_2254

🌟26度 (活動宮)

*準備を始める度数

25度で凝縮させた天秤座の結晶を携えたことで身軽になり

次の蠍座に向かう準備を始めます。

🌟ドデカテモリー

・獅子座

獅子座の「自信」を利用して、天秤座の社交術に自信を与える。

🌟天秤座26度の可能性のある日付け

10月18日、19日、20日

🌟目指す方向性

・機転を利かせて場に調和をもたらす、仕切ることに自信を持つこと。

・人付き合いにおける知恵と、思いやりを使いこなすこと。

・信頼関係を築いていくこと。

・臨機応変に対応を変えていくこと。

・気持ちを解放したり集中したり。意識の切り替えにメリハリをつけること。

・機転を利かせる自分を楽しむこと。

・オンとオフを大事にすること。

🌟この度数の人の特徴

・たくさんの役立つ知恵を持つ。

・思いやり深い。

・落ち着いている。自信を持っている。品がある。

・人格主義。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・社交的な自分を楽しんでいる時。

・人付き合いに対する知恵を適用しながら、愛情深く接している時。

・俯瞰的な視野で状況を眺め、人として適切な態度を取っている時。

・知恵と思いやりで機転を発揮できて嬉しい時。

🌟シンボル考察

*機転の良さを堪能する

25度で天秤座のエッセンスが詰まった結晶を取り出したのですが、

26度では、そのエッセンスを味わうかののように堪能するサインです。

そのエッセンスとは

「ビーナスの機転」という、結晶で、

「機に応じて自らを転じる」。

つまりは、

機に乗じて、臨機応変に行動できるようになりました。

天秤座は風のサインで、

それは「思考」を司るので、

頭の回転が速いサインになるのですが、

「頭がいい」にもいろんな「頭の良さ」があり、

天秤座の場合は、「対人感性力」という

対人においての頭の良さを発揮します。

つまり

コミュニケーション能力が高く

上手に立ち回れる頭の良さを持っています。

そして出来上がったのが

「ビーナスの機転」。

「対人感性力」を一言で言うと

「機転、気配り」になるわけですが、機転の良さが完璧になったのです。

そこで

26度ではこの「機転の良さ」を味わう。

現実的に使用して、

その「機転の良さ」で得られる体験を堪能するのです。

*鷹の目・鳩の目

このシンボルには

「鷹と鳩」という二つの鳥が出てきます。

鷹も鳩も、空の上から地上を眺めることができるので

「広い視野」「客観的な視野」「俯瞰的な視野」を持ってはいるんですが

飛翔の高度と、目的が違うので

その視野の精度は、また少し違ってきます。

鷹は、高い空の上から全体を眺め

風にうまく乗って旋回しながら、長時間、飛翔することが出来て、

地上で動いている小さな生き物をすかさず捉える鋭い視野を持っていますが、

鳩は、歩きながら地上に落ちている餌を探すのに長け

移動する時に飛ぶくらいなので、高度も低い。

つまりは

この度数のエネルギーというのは

この二つの視野を交互に切り替えながら使用できるということ。

鷹のように鋭い視野と

鳩のように温厚な視野を

臨機応変に使い分けながら、積極的に行動していけるんです。

鷹はシンボル的に

「強い意志力」とか、「抜け目のない賢さ」。

「強さと勇気」「信頼関係」「友情」「知恵」という意味が与えられています。

天秤座は知性の風のサイン。

知恵で信頼関係を築き、友情を育む姿勢。

また、それを実行するための強い意志力や賢さを持っています。

鳩は世界各国で

「愛情」や「平和」のシンボルとして使用されています。

その平和をシンボライズしている鳩が、この天秤座26度においては

「大きな白い鳩」っていうんですから、

「大きな愛情」「大きな平和」を意味しているのでしょう。

平和を望むので、

大きな愛情で、受け止める受容力の高さを示しているんです。

またその受容力の高さは

人を思いやることができる「共感能力」にもつながってきます。

俯瞰的な視野で、周囲を見渡し、

機に乗じて、

信頼を築く知恵と、愛情深さを

交互に入れ替えながらその場に調和をもたらすのです。

*パートナーシップ

天秤座が目指すのは

公平なパートナーシップです。

パートナーシップとは、上下の関係ではなく

自立した個人同士が

お互いを尊重しながら横の繋がりを持つことです。

この関係性を築くには

信頼関係が大事ですし

信頼関係を築くための努力も必要です。

深い思いやりや気遣い、

大きな愛情で接することも大事だし、

たとえ、相手がそのような自分の行為に応えてくれなくても

まずは自分が示すことで

相手を変えていくことが出来ます。

この度数の人は

それが出来る準備が整っている人と言えるでしょう。

信頼を得る鷹の目と

深い愛情の鳩の目で

相手の意識すらも変えていけるのです。

*スイッチの切り替え

なんでも、この二つは同時には使用できない仕組みになっているようです。

なので意識して交互に使用していかなければなりません。

スイッチのオンオフを切り替えるように、

知恵を働かせている時はそれのみに集中。

愛情を発揮している時はそれのみに集中。

鷹のスイッチと鳩のスイッチ。

臨機応変に自分でそのスイッチを切り替えていくんです。

そのスイッチを押すことで

「機に応じて自らを転じる」

「状況に合わせて自分を変えていく」

ということを、自分も楽しんで堪能できるようになります。

例えば

ホームパーティで人を招いた時。

まずは鷹のスイッチを入れてその場の状況をよく眺める。

部屋の環境や料理に問題はないのか。

「あの人とあの人は面識がないからまずは紹介しなきゃ」

というような客人リストでやらなければいけない事を考える。

さあ。そしていよいよパーティが始まった。

人と会話をする時は鷹のスイッチを切り、

鳩のスイッチをオン!

目の前の相手に集中し

共感しながら親密に会話をする。

「あーグラスを落としちゃったー!」と誰かが騒いだら鷹の目オン。

と、こんな具合で、

自分で視野のポイントを転換していくんです。

そんな状況を、

「なんか、大変。ホームパーティなんかしなきゃよかった。。」

と思わずに

機転を利かせて動いている状況を、自ら楽しんでいるので、

周囲の人も、リラックスして楽しい気分になれます。

自分も楽しんで、自然に気をきかせることができる人は

人からの信頼を得ることができます。

知恵と愛情を使用することで、

公平なパートナーシップを築くための土台を

いくらでも作ることが出来るのです。

ロゴ