Code no.211 蠍座1度 観光バス


Code no.211

蠍座1度  観光バス

A sightseeing bus.


圧縮された場で感情を共有する体験・親愛の人
🌟Keyword・エネルギー

「友情」「親善」「親愛」「感情の共有体験」「没頭」「密度」

img_2424

🌟1度 (固定宮)

*水のエネルギーを噴出させる度数

例えば、

私たちを動かすために必要な動力が

「風力、地熱、火力、水力」というエネルギーだったとして

そのエネルギーを貯めておく充電池を身体のどこかに持っているとしたら

蠍座であれば「水力発電」のような「水のエネルギー」を

自分の充電池に充電して動いていきます。

img_2981

蠍座の始まりは、このマイ充電池に「水のエネルギー」を

勢いよく一気に充電させるかのように

水のエネルギーを一斉に吹き出します。

蠍座の「水」とは「感情の力」。

それを一気に噴出させるのが、

蠍座1度の役割なのです。

🌟ドデカテモリー

・蠍座

蠍座の「水のエネルギー」を一気に噴出させる。

🌟蠍座1度の可能性のある日付け

10月23日、24日、25日

🌟目指す方向性

・密度の濃い体験を目指す事。

・親しい人と感情を共有できる体験をたくさんしていくこと。

・「感動」を求めていくこと。

・相手色に染まる自分を感じること。

・誰かと同じ体験を重ねる事で自分の感受性を広げていく。

・偶然出会った人や集団との関わりを大事にする事で可能性が広がる。

・人付き合いをすることで、自分の感情がどう変化するのか観察してみる。

・ツアーやセミナーや合宿など、積極的に参加すること。

・誰かと共に共有する感動体験

🌟この度数の人の特徴

・新しい環境に順応する力がある。

・底知れぬパワーを持っている。

・人との繋がりを大事にする人。

・親しみやすい人。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・ツアー、セミナー、ワークショップなどに参加して人と共有体験をして仲良くなった時。

・彼氏、彼女と初めての旅行に行って距離感がぐっと近くなったと感じた時。

・以前から興味のあった教室に通い始め、のめりこむくらいハマっている時。

🌟シンボル考察

*感情で繋がる

蠍座の始まりの度数は「観光バス」。

蠍座は、

他者や、興味のある事柄と深く関わることによって、

自分の足りないものを補っていくサインです。

深い関わりによって、

自分を変容させるのが目的です。

例えば

現実から逃げてばかりで、ダメだった主人公が

失恋をきっかけに、スポーツにのめりこみ

気づいたら、

体力も見かけも、生活習慣も。

あんなにダメで自堕落な日々を送っていたのに、

責任感やヤル気が芽生えて

大きく変化するという「再生物語」。

「百円の恋」という映画がまさしくこんな

再生ストーリーを描いているんですけども

この「変容物語」を

占星術では「蠍座の力」と呼びます。

「百円の恋」では

主人公の女性が、

恋をして、失恋して、ボクシングに打ち込んで

大きく成長するわけですが

こうやって

何かと深く関わることで

私たちは、大きく成長することが出来るんです。

何かと深く関わることで

動かされるのは「感情」。

「人ってなかなか変わらないよ」

なんて意見もありますけども

確かに大人になってしまうと

習慣や反応パターン、脳の回路が出来上がってしまっているので

意識して、変えていくのは大変だし

ましてや、人に強制させられて変えれるものじゃない。

それをやるには、

自らの強い意志が必要なわけで、その強い意志を開発してくれるのが

「感情の力」なんです。

肉体などの枠組みを超えたところにある「感情」が

何かと繋がり揺さぶられることで

その力を発揮できるんです。

ということで

蠍座の始まりの章、1度〜5度においては

「感情で繋がる」という体験を重ねていきます。

「感情で繋がる」には

まずは、人と親密になること。

心の垣根を取り払って

親しい間柄になるのです。

*密度の濃い場所

そんな蠍座の始まりの1度は、

蠍座的な資質を大いに発揮する度数。

観光バスに乗り込むんです。

観光バスは、

お一人様から大人数のグループまで、

バスの定員上限に合わせていろんな人が申し込んできます。

時間的にも行動にも制限があるので、

自由に好き勝手に巡りたいという人には不向きかもしれませんが、

ツアーにはツアーの良さがあるものです。

効率的に人気スポットを巡ることが出来るし、

バスに乗ってれば連れて行ってくれるので、とにかくラク。

それに、団体で行動していることで、

ちょっとした仲間意識が出来上がり、新しい友達が出来るかもしれません。

海外1週間ツアーとかにもなると、

偶然同じツアーになった人たちと運命共同体のように行動を共にするので、

不思議な絆のようなものが生まれたりします。

トラブル続きのツアーだったらなおのこと。

一緒に苦難を乗り越えるという体験で心の繋がりが深まったり。

また、ツアーに限らず、

限定された場所の集まりは、

限定される分、密度が濃くなります。

なので、人との距離が近くなるような気がします。

何らかのセミナーやサークル活動。

合コンとかも、そんな感じですよね。

そういえば、昔、「あいのり」っていうテレビ番組がありましたけど

この度数は、

まさしくあの番組のそれ。

「あいのり」した仲間の絆が深まっていく様子を描いていましたけど

泣いたり笑ったりという感情を共有しながら

お互いが心を開き、唯一無二の「仲間」になる。

深い繋がりが出来上がるんです。

圧縮された空間の

濃い密度に圧迫されるかのように、

心の固い殻が圧縮され、その殻に少しヒビが入るかのような。

ヒビが入ったことで、

外界のエネルギーと自分の心のエネルギーが少しずつ交流を始め、

心が少しずつ開かられていくような。

同じ目的のもと、

限定された場に集まると、

人々の距離は縮まり、そこから友情が生まれる。

そのような体験を示すのが蠍座の始まりの1度。

人や、特定の物事と深く関わっていくサインですから、

まずは、人と知り合うこと。

興味のある対象と出会う事。

そんな体験から始まります。

密度の濃さを借りて、

一気に心をオープンにしていくのです。

*感情の共有体験

観光バスのツアーでは、

ツアーの参加者みんなで、

美味しい料理を食べて、美しい景観スポットへと行き、

徐々にみんな打ち解けていくことでしょう。

「この料理は美味しいですね!」

「綺麗な景色だね。感動しちゃったわ」

同じ体験をして、

感情を共有すると、その場にいた人にしかわからない一体感を味わえます。

共に泣き、共に笑い、共に感動する。

インパクトのある体験を共有すればするほど

今後、その関係性は確かなものになっていくことでしょう。

蠍座はこうやって、

「感情の共有による一体感」というものを使用して、

どんどん深く、他者の感情と結びつけていくことになります。

その始めの一歩は、まずは仲良くなること。

時間を共有できる友達を作って、

「一緒に感動して楽しんで」という体験をしたり

没頭できる事柄にのめりこんで

様々な感情を味わっていくのです。

ロゴ