Code no.180 乙女座30度 聞き取られなかった間違い電話


Code no.180

乙女座30度 聞き取られなかった間違い電話 

(A false call unheard in attention to immediate service. )


やるべきことを早く終わらせることで自分を守る・一点集中の人
🌟Keyword・エネルギー

「セーフガード」「防衛」「集中力」「安心」

IMG_1539

🌟30度 (柔軟宮)

*土のエネルギーを吐き出す度数

例えば、

私たちを動かすために必要な動力が

「風力、地熱、火力、水力」というエネルギーだったとして

そのエネルギーを貯めておく充電池を身体のどこかに持っているとしたら

乙女座であれば「地熱発電」のような「土のエネルギー」を

自分の充電池に充電して動いていきます。

IMG_2731

乙女座最初の方の度数では、このマイ充電池に「土のエネルギー」を

勢いよく充電させていくのですが

乙女座最後の方の度数では

次のサインに向けて充電池を空にして明け渡すために

貯まっている「土のエネルギー」を吐き出す作業に入ります。

28度でエネルギーの流れを変換して吐き出す準備を始め

29度ではいよいよ

「土のエネルギー」を吐き出す作業に入り

30度では全部、放出して空にする。

残っている「土のエネルギー」を全部吐き出して空っぽにするために

乙女座が培ってきた「土のエネルギー」全部を使い尽くすのです。

🌟ドデカテモリー

・獅子座

獅子座の「プライド」を使用して乙女座の知性を奮い立たせる。

🌟乙女座30度の可能性のある日付け

9月22日、23日、24日

🌟目指す方向性

・こだわりとプライドを持って物事に集中して完成させること。

・準備しておくことで得られる安心感を大事にすること。

・先延ばしにせずに早目早目に片付けていくこと。

・やるべきことを早く終わらせて余暇を楽しむこと。

・強い意志力で自分を管理し時間を有効に使用していくこと。

🌟この度数の人の特徴

・集中して物事に取り組める人。

・パワフルで逞しい。

・夢中になるとそればかりに目がいってしまうので、大事なことを見失うことも。

・自己管理力、強い意志力がある。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・やるべきことを早く終わらせるために集中している時。

・こだわりとプライドを持って真剣に仕事をしている時。

・引越しや旅行に向けて、準備万端で安心感を感じている時。

🌟シンボル考察

*乙女座締めくくりの度数

30度は乙女座の最後を飾る度数です。

次の度数はもう天秤座1度なので、

乙女座の体験はこれでもう本当に終わり。

この乙女座30度と天秤座1度という切り替わりは、

占星術において大きな転換点となる場所で、

今までの体験を終わらせ、新しく始めるための一大切り替えポイント。

占星術のアストロニューイヤー「春分点」からちょうど半年を示す

「秋分点」が天秤座1度なんです。

春分の牡羊座から乙女座の期間は、

春になり大地から顔を出した植物の芽が夏に向かってぐんぐん成長していくかのように、

私たちも、生まれたばかりの状態から生命力を爆発させて成長していく期間。

それを人間の発達段階に置き換えてみると、

親や地域社会の保護と導きのもと、安心して自分を成長させてきた未成年時代と言えます。

それとは対照的に

次に訪れる、秋分点の天秤座から魚座までの期間は、

親の保護から抜け出し、一人の責任ある大人として社会に参加していく時の

私たちの自立の物語。

つまりは、学生が卒業して就職するために実家を離れ一人暮らしを始めるかのような

大きな切り替え点が秋分点。

子供の自我から

大人の自我へと変貌を遂げるんです。

その秋分点を目前にしたのが乙女座30度。

全て吐き出すかのように乙女座の資質を発揮して次の天秤座へと向かうのです。

*間違い電話だということに気がつかないくらい集中している

その乙女座のラストを飾るこのシンボルのタイトルは

少し判りづらい日本語で訳されているものが公となっていますが、

もっと判りやすい言葉に訳すのなら、

「目の前のことに集中しているために電話の音も聞こえない」

というようなシンプルな言葉に置き換えることができます。

電話に出て、それが間違い電話だったとしても、

目の前のことに集中していて、上の空でよく聞いていない。

つまりは自分の行っている作業に没頭して集中しているということ。

細かい作業を完璧にこなすための実務的で生活に役立つ能力を磨いてきた乙女座は、

最後の度数で、獲得した全ての性質を総動員して物事に集中しているのです。

かかってきた電話が間違い電話ということにも気がつかないほど集中して、

やるべきことを終わらせようとしているんです。

*やるべきことをやることで得られる安心感

やるべきことを後回してにしてしまうと、

そのことが気がかりでどこか落ち着かない気持ちになりますが、

やるべきことを早く終わらせればスッキリした気持ちになれます。

朝早く起きてやるべきことを早目に仕上げてしまえば、

その日の残りの時間は、胸につっかえのない清々とした気分で過ごせることでしょう。

明日のための準備を今日済ませてしまえば、

慌しい朝も余裕を持って過ごすことができるし、

何にしろ、やるべきことを早目に終わらせると、

私たちは安心感を手に入れることができます。

つまりは「電話になんか気づかないくらいに集中して行う」ことで

「やるべきことをさっさと終わらせる」ことができたら

その後の時間心からリラックスして過ごせる。

だから、やるべきこと一点集中してさっさと終わらせて遊びに行きましょう。

最後の乙女座はそんな思いで特定のテーマに集中するのです。

保護者の助けが必要な未成年の期間が終えて、

責任ある大人としての成人を迎えるのであれば、

自分で自分を律し、自分に身を守っていかなければなりません。

自分の心の安全と安心を得るために、

「やるべきことを集中して終わらせる」というスキルは有効なのです。

*引越し前夜

例えば

実家から独り立ちして一人暮らしを始める前日。

慌ただしいですよね。

忘れ物はないか? 手続きは完璧なのか?

引越し先の挨拶や、地元の友達にも挨拶しなきゃ。

なんて感じで余裕がなくって

かかってきた電話が間違い電話だったとしても

「あーそうそう。また後でね!」なんて切ってしまうこともありそう。

だからこそ、手落ちがないように

しっかりと準備をする。

きちんと準備をしたという安心感を胸に

天秤座1度という「自立の日」を迎えるのです。


コメント

  1. 初めまして、こんにちわ。

    いつも楽しく拝見しています(*⁰▿⁰*)

    こんなにわかりやすいサビアンシンボルの説明は他にないと思います。

    書籍化のご予定はないのでしょうか❓

    これからも楽しみにしています。

    • yura より:

      ほっしーさま。コメントありがとうございます。
      私なりの解釈も含まれていますが、ドデカテモリーと、「人間の成長の過程、自然のサイクル」ということで考えるのであれば、このような解釈もありなのだと思ってます。
      サビアンシンボルは確立されたものではなく、まだまだ探求の余地があるものだから、基本的なエネルギーから外れないのであれば、いろんな解釈の仕方があるんだとも思います。
      書籍化のご予定は、全くありませんが、自分でも手元で参考にしたいから、本になったら便利だなー。
      やっぱりネットで見るよりも本で見る方が見やすいですよね!
      ありがとうです!