Code no.167 乙女座17度 噴火している火山


Code no.167

乙女座17度  噴火している火山

(A volcano in eruption.)


定期的にストレスを発散させる・ガス抜きの人

🌟Keyword・エネルギー

「爆発」「感情の浄化・解放」「思考と感情の流出」「溢れ出るアイデア」

IMG_1187_23

🌟17度 (柔軟宮)

*対立する要素をプラスに変換する転機となる度数

16度で侵入してきた鏡のサイン「魚座」の資質である「感情」や「本質的」な面が

乙女座にショックをもたらしますが

17度ではそれをプラスに使用していくための方法を見出します。

🌟ドデカテモリー

・魚座

魚座の「感情の力」を使用して乙女座の「潔癖の行き過ぎ」を調整する。

🌟乙女座17度の可能性のある日付け

9月8日、9日、10日

🌟目指す方向性

・自分の気持ちや感情に素直になること。目を向けること。大事にすること。

・定期的にストレス発散すること。ガス抜きをすること。

・衝動的な行動、衝動的な自分を受け入れること。

・思い込んでいる枠組みをどんどん壊して新しい自分に出会うこと。

・クンダリーニの上昇体験。

・湧き上がるような自分の生命力を感じて生きること。

🌟この度数の人の特徴

・衝動的、破壊的な面がある

・生き生きとしている

・自分に素直な人

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・心から楽しいことをしてストレス発散している時。

・我慢に我慢を重ねていたけども、とうとう怒り心頭になった時。

・「感情が死んでたなー」なんて実感して、イキイキと生きようと情熱を持って決意した時。

🌟シンボル考察

*開かれた檻

常識や正論、

多数派の意見を良しとし一般的世論の枠組みから外れないように。

社会のシステムという枠組みの中で機能的な自分でいれるように。

また、自然の法則という難解で言葉にしづらいものを有効活用するために、

忍耐強く探求して枠組みを設けていく。

そんな能力を乙女座15度までの体験において身につけたのですが

乙女座は個人の実務能力を高めるのに集中しすぎて

自分の「感情面」をおざなりにしてしまいました。

つまりは「感情論」を馬鹿にしている理論屋さん的なタイプなわけですが

人間は、「感情の力」に突き動かされてしまう生き物。

「感情の力」が強い原動力となり

私たちを行動に駆り立てるのは事実で

それは、私たちが生まれつき持っている「生きるための力」です。

「感情」でお互いの気持ちを伝えたり

相手の気持ちを理解することで優しくなることができたり

優しくしたら、優しくされたり

今度はそれが嬉しくて、お互いの絆が強まったり。

「感情」の力は接着剤のように人と人を繋ぐのです。

1度から15度にかけては

自分の個人の能力を伸ばす領域なのですが

16度から30度にかけては

伸ばした個人の能力を、公の中で使用できる資質に変えていきます。

大勢の人が暮らす社会の中で、

自分の能力を使用していくためにはファインプレーじゃなく

チームプレーを学ばなければなりません。

人と人が織りなすチームプレーを学ぶには

人と人を繋ぐ接着剤、

「感情の力」を理解する必要があります。

15度までの体験において

いろんなものに枠組みを設けてきた乙女座は

気づけば自分の感情も「檻」という枠組みの中に閉じ込めてしまいました。

自分の気持ちや感情よりも、理屈に重きを置いてきたので

感情をコントロールするために、閉じ込めていたんです。

それが16度の「オランウータン」。

檻に閉じ込めた自分の「感情」「生命の力」と対面したことで

自分の地盤が揺れ動いた。

「かわいそうな私の感情」とショックを受けた。

マグマがふつふつと音を立てた。

激しい爆発と共に、檻の扉が開いたのです。

*ボルケーノ

富士山もいつ噴火してもおかしくない活火山で

底の方ではマグマが湧いているんでしょうが

私たちの心も

いつ噴火してもおかしくな活火山のようなもので

心の奥底の方では、生命力の赤いエネルギーが渦巻いています。

富士山が、「ことあるごとに噴火してしまう火山」だったら

もちろん困りますし、非力な私たちは大変な目にあうわけですが

それと同じで

私たちが「ことあるごとに爆発してしまう人」だったら

周囲の人も困るし、自分も困ることでしょう。

なので

誰もが感情を自分なりの方法でコントロールして

上手に扱うわけですが

我慢に我慢を重ねると

何かのきっかけで爆発してしまうこともあるわけで。

そんな体験、誰もがしたことがあるかと思いますが

その時、私たちはこの乙女座17度のエネルギーを使用しています。

もちろん怒りを顕にしてしまったのであれば

余計、ひどい状況に追い込まれることも多いのですが

「我慢してきたけど言いたいことが言えた!」ってスッキリもしたりして。

抑えてきた感情が浄化されるんです。

また、何もそれは怒りだけが噴火するというわけではなく

爆発するような「喜び」や「楽しい」っていう気持ちもあるし

抑えきれない「悲しみ」が流すマグマもある。

この度数は

感情が思考と繋がっているので

傷つくこともたくさんあるんですけども

傷つくことで「浄化」され、ピュアさを身につけていくんです。

心がどんどんキレイになっていくんです。

傷つくことを恐れずに

傷つく体験を、一つ一つ大事にしていくのです。