Code no.30  牡羊座30度 アヒルの池とその雛


code.No30

牡羊座30度  「アヒルの池とその雛」

A duck pond and its brood.


自分の居場所に戻って安心を得る・自分を信じる人

🌟Keyword・エネルギー

「信頼」「安心・安全」「イメージと身体の動きの一致」「運動神経」「ホーム」

IMG_6423

🌟30度 (活動宮)

*火のエネルギーを吐き出す度数

例えば、

私たちを動かすために必要な動力が

「風力、地熱、火力、水力」というエネルギーだったとして

そのエネルギーを貯めておく充電池を身体のどこかに持っているとしたら

牡羊座であれば「火力発電」のような「火のエネルギー」を

自分の充電池に充電して動いていきます。

IMG_2826

牡羊座最初の方の度数では、このマイ充電池に「火のエネルギー」を

勢いよく充電させていくのですが

牡羊座最後の方の度数では

次のサインに向けて充電池を空にして明け渡すために

貯まっている「火のエネルギー」を吐き出す作業に入ります。

28度でエネルギーの流れを変換して吐き出す準備を始め

29度ではいよいよ

「火のエネルギー」を吐き出す作業に入り

30度では全部、放出して空にする。

残っている「火のエネルギー」を全部吐き出して空っぽにするために

牡羊座が培ってきた「火のエネルギー」全部を使い尽くすのです。

🌟ドデカテモリー

*魚座

魚座の「共振作用」を使用して牡羊座に新しい方向へと向かう力を与えます。

🌟牡羊座30度の可能性のある日付け

4月19日、20日、21日

🌟目指す方向性

・松果体(第3の目)が魂の定位置。そこを意識して過ごすこと。

・自分の安心できる場所を確保しておくこと。また、大事にすること。

・自分が所属しているものの中で安心して過ごしていくこと。

・どこに行ったとしても道を外れたとしても、最終的には帰るべき場所に戻ること。

・イメージ通りに身体が動く運動神経の良さがあるので、それを活かしていくこと。

🌟この度数の人の特徴

・身の丈にあった暮らしをする人。

・無茶をせずに、ありのままの自分で生きていく人。

・のんびりした雰囲気の持ち主。

・人見知り気味だけど弱いものを放っておけない優しい人。

・保守的。運動神経がいい。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・大好きな音楽の波動に包まれて恍惚としているとき

・飛行機が家の上を通って、ものすごい振動が伝わってきたのを感じたとき。

・人や場所の波動をキャッチして、それがどんな雰囲気を意味するのか理解しているとき。

🌟シンボル考察

*魂の定位置にセットされる

ちょっと前には、アヒル口なんてものが流行ったわけで

誰もかれもがアヒル口を決め顔としていたのですが

やっぱりアヒルって可愛いですもんね。

真似をしたくなるってもんですよ。

そんなとっても可愛いアヒルの親子が

安心、安全な自分のホームに戻ってきた様子を描いたシンボルが

牡羊座の締めを飾る最後の度数となります。

最後の度数はどのサインも

華々しくそのサインの成果を披露する度数。

30度かけて獲得してきた全ての力を使い切るみたいに

牡羊座の力を全部吐き出すんです。

牡羊座は火のサインですけれども

次のサインの牡牛座は土のサイン。

自分を動かす動力源の電池に

牡羊座の時は火のエネルギーを入れていたけれども

牡牛座の時は土のエネルギーを入れるのですが

新しい土のエネルギーに入れ替えるためには

今まで入っていた火のエネルギーを全部、吐き出さなくてはなりません。

30度はそうやって

次のサインとのエネルギー交換のために

今までの火のエネルギーを全部使い尽くすのです。

という力強い感じの度数なのに

「アヒル」が出てくるシンボルで力が抜けてしまいそうですが

つまりは

自分を動かす「動力源電池」の「火のエネルギー」を全部使用して

自由気ままに遊んでいたアヒル親子を、安心して住める池に送り届けるんです。

次の牡牛座に向かうために、アヒルが本来いるべき場所に、火の噴射で戻すんです。

これを

私たち人間に当てはめてみれば

魂があるべき場所にセットされるみたいな。

火のエネルギーを使用して

魂の定位置に送り届けられるみたいな。

魂の定位置がどこにあるのか本当のところは判りませんが

とにかく、魂のいるべき場所に連れて行かれるんです。

ガンダムに搭乗するアムロは

ガンダムを操縦する操縦室が定位置ですよね。

操縦室の椅子にアムロが座ってスタンバイすることで

アムロの思うままにガンダムを動かすことができます。

間違って違う部屋に入ってしまって

そこでガンダムを動かそうとしても動かせるわけありません。

肉体を動かすための小部屋に

魂がセットされるんです。

牡羊座は「魂の炎」を燃やしてこの世界と関わっっていたんですが

牡牛座は「肉体感覚」を使用してこの世界と関わっていきます。

なので

牡羊座で使用していた「魂」は

次の「肉体」に主役の座を明け渡すために

自分のいるべき場所へと戻るのです。

*信頼できる場所

「この場所は信頼できるから安心だ」

「やっぱ自分の家が一番!心底、リラックスできるよなー。」

そう思う時。

私たちは

牡羊座30度のエネルギーを通してそう感じています。

信頼度が高いということは、つまりは安心できるということ。

信頼と安心のワンセット。

安心を求めて

私たちは信頼できる場所や商品を選びます。

人間に限らず全ての生き物は、安心を本能的に求めています。

牡羊座30度は

「安心する場所で落ち着きたい!」

という本能の強い炎を燃やして

牡羊座の全ての火力を使い切るのでしょう。

心理学者のマズローは

欲求の五段階説を唱えています。

IMG_1910

「生理的欲求」は

生きていくための基本的で本能的な欲求(食べたい、寝たいetc)。

この欲求を牡羊座は30度かけて満たしてきました。

この欲求を満たせると

今度は欲求は次の段階である「安全の欲求」を求めるそうです。

「安全の欲求」には

危険を回避したい。

安全、安心な暮らしがしたい。

という欲求が含まれます。

次のサインの牡牛座で

この「安全の欲求」をみっちり体験していくことになるのですが

牡牛座手前の牡羊座は

フライング気味に安全と安心を体験するのです。

*根を張る準備

高額な一生ものの家を購入するとしたら

信頼できる不動産を介して

安心して住める場所に家を建てたいと誰もが思うはずです。

長いこと住むことになる地域にしっかりと根を張るために

安心できるお気に入りの場所を探すはずです。

この度数は

土のサインの牡牛座に向かうために

牡牛座の土に根を張る準備をしたと言えるでしょう。

牡牛座の土が「肉体」を指しているのだとしたら

身体中を網羅する神経網は「魂の根っこ」のようなもの。

魂が自分の定位置である脳のある部位に落ち着き

神経回路網と繋がり

植物の根のように肉体中を覆っていくのです。

身体の魂の根である神経回路が

手先、足先まで伸びて敏感に反応するようになれば

感覚機能も発達します。

牡牛座1度は

この神経回路や血液などの身体を流れる器官が

一斉に流れ出す感動を描いたシンボルになりますが

それは、牡羊座30度において魂が根を張るために自分の定位置へと戻ってきたから。

魂は、安心安全な自分のホームで

肉体を含む自分が

安心安全に暮らせるための肉体の機能を目覚めさせる準備をしているのです。

この度数はドデカテモリーで言えば

魚座の資質が混ざります。

魚座は

この宇宙のどこかにある「魂のホーム」に戻るサイン。

その力を借りて

肉体の魂の居場所へと戻ることができるのです。

ちなみに、魂の住処は

額中央にあるとされる「第三の目」辺りだと言われています。

額中央って言えば、ホルモンを分泌する「松果体」という

部位がある場所ですが

そこが魂の住処ってことにして

自分の愛しい魂をセットするのです。