Code no.22  牡羊座22度 欲望の庭に続く門


code.No22

牡羊座22度  「欲望の庭に続く門」

The gate to the garden of desire.


こだわりを捨て大らかに過ごすことで満たされる・期待して待つ人

🌟Keyword・エネルギー

「予想」「期待」「見込み」「おおらか」「オープン」「素直」「欲望」

IMG_2939

🌟22度 (活動宮)

*受動的に引き寄せる度数

20度で、何事にもブレない牡羊座の軸が出来あがったのですが

その軸を利用して欲しいものを取りに行くのが21度〜25度の体験領域。

21度においては積極的に行動していくことで。

22度においては、

自分の能力を光らせて、欲しいものを引き寄せることができるようになります。

🌟ドデカテモリー

*射手座

射手座の「おおらかさ」を利用して牡羊座の「受容力」を磨きます。

🌟牡羊座22度の可能性のある日付け

4月11日、12日

🌟目指す方向性

・おおらかに心の門をオープンにすること。

・恥ずかしがったりせずに素直な気持ちを表現していくこと。

・こだわりを捨て物事を受け入れることで必要なものを引き寄せる。

・素直さを心掛けて受容的に過ごす。

・「欲しいものは手に入る」と疑うことなく信じること。

🌟この度数の人の特徴

・こだわりがなくどんなことでも受け入れられる。

・苦労なく欲しいものを手に入れる才能がある。

・影響されて流されやすい面も。

・子供のように素直で可愛らしい。放っておけない雰囲気。

・フレンドリー。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・欲しいものを公言していたら、それが集まってきたとき。

・おねだりして買ってもらうとき。

・こだわりを持たずに「あるものでいいや」って何でも喜んで食べているとき。

🌟シンボル考察

 *欲望の庭

欲望という名の庭がある。

そこは

色とりどりの花が咲き乱れ

あらゆる望みを託した銅像が置かれている。

この庭に住むのは、美しい女主人。

誘われるように欲望の庭に近づいた男が目にしたのは開かれた門。

魔法にかかったようにフラフラと庭に足を踏み入れた男は

たくさんの銅像を目にして、それは女が欲しいものだと気づく。

「銅像じゃ、あんまりに可哀想だ。

ならば本物を買ってきてあげよう。」

男はせっせと街に行き

犬や靴やドレスやベッド。

あらゆるものを買ってプレゼントするのであった。

てきな。

てきな感じのストーリーが浮かんでしまいますが

つまりは、牡羊座的な「引き寄せ度数」。

欲望を大っぴらにすることで、それを引き寄せるのです。

欲望と言ってもいろんな欲望がありますが

それを包み隠さずオープンにすることで望みが叶うということを知っているのです。

牡羊座は素直ですからね。

素直に欲しいものを公にしていると

不思議と欲しいものが手元に集まるということを知っているんです。

確かに。

ムーミン好きの友達にプレゼントを贈るとき、

「ムーミン選べば外れはないだろう」って

ムーミン商品を選びますからね。

好きなものを公言していると、それが集まりやすいのは確かです。

それを知ってから、私も「鳥好き」をアピールしていたら

「鳥グッズ」が集まりましたもんね。

可愛い鳥グッズに囲まれて幸せを感じている私は

この度数のエネルギーを味わっているのでしょう。

牡羊座21度においては

欲望を叶えるために、積極的に自分で取りにいきましたけども

牡羊座22度では

自分の欲求を素直に表現することで、欲望を叶えるんです。

21度と22度で、欲望を満たす二つの方法が描かれているのです。

*期待する

ワクワクと期待しているんです。

願いが叶うことを見込んでいて、ニコニコしているんです。

牡羊座は、私たちが生まれてきてから

「自分は一人の人間だ」という感覚を得るまでの

「自我」の目覚めの成長段階を描いています。

「お母さんや、周囲の環境と自分は繋がっている存在。一心同体だ」

と思っていた赤ちゃんが

牡羊座20度までの体験において

「自分はお母さんとは違う人間だ!」

ということを理解できるようになりました。

全部、一心同体で繋がっていると思っていた頃は

欲望や欲求を解消しているのは「自分の一部」だと思っていたけれど

「自我」が芽生えた今は違う。

「一人の個人」として

欲求を解消していくためにチャレンジをしているのです。

牡羊座21度では積極的にいったから、今度は受け身になってみよう。

「素直にニコニコ受け入れることで、欲求が叶えられるかも!」

とワクワクしているんです。

「さあ、こい!」と期待に胸を膨らませているんです。

親からしたら、赤ちゃんに

そんなふうに自我が芽生えたなんてよく判りませんからね。

いつも通りに

甲斐甲斐しくお世話を続けていくわけですけども

赤ちゃんからしたら

自我が芽生える前と芽生えた後では捉え方が違う。

芽生える前は、当たり前だったことも

芽生えた後は、人が自分の期待通りに動いてくれるということを認識することになります。

「自分とは違う人なのに

自分の望みを一生懸命に叶えてくれる」という体験を重ねて

「愛情」を覚えていくのでしょう。

素直に自分の欲しいものを表現し、期待して待っていると

その期待通りに叶えてくれる母親の優しさは、

赤ちゃんに暖かな気持ちをもたらして「愛」を育む種となるのです。

*素直さ

みなさまは

自分の欲求を素直に伝えることができますか?

私の場合は

「出来ないことが多々ある」です。

素直に自分の欲求を伝えることが、恥かしくて出来ない時があるんです。

きっと子供の頃、ある年齢までは、自分の欲求を素直に、なんのてらいもなく

両親や友達に伝えていたんでしょうが

いつの頃からか、欲求をストレートに伝えるのではなく

「言わなくても判るでしょ」だったり

「恥ずかしくて言えないわ」になったりして。

しかし、この度数はとっても素直。

「素敵!」と思ったら、もうそれが顔に表れている感じ。

キラキラした目で憧れの人を見ていたら、向こうもそれに気がついて

「あれ、俺に気があるのかな。声かけてみようかな」

みたいになって

声をかけられたらかけられたらで

恥ずかしがってモジモジするのではなく

喜びが素直に全身から溢れ出てくるような。

喜びを全身で表すワンコのような。

そんな可愛らしさ満点の女性なんです。

また、なんでも受け入れる「素直さ」っていうのもあります。

なんでも素直に受け入れる人は

そこにたくさん物が集まってくるので、欲求が満たされます。

例えば

乳児の食事。

両親があれやこれや考えて、作ってくれる離乳食。

赤ちゃんに必要な栄養を考えて食事を与えてくれるので

たとえ、初めての味でショッキングだったとしても

選り好みせずに受け入れれば

成長するための栄養をとることができます。

こだわらずに、受け入れること。

小さなことを気にすることなく、ただ受け入れれば

「成長したい」「生きていきたい」という赤ちゃんの欲求は叶います。

牡羊座22度は、ドデカテモリーでいえば

射手座の資質が混ざっています。

射手座の「大らかさ」を利用して素直になるのです。

大らかになるということは、「多少のことは気にしない」こと。

多少のことが気にならなければ、大概のものは受け入れることができるので

自分の心の門の中に、いろんなものを招き入れることができるんです。

大らかさで欲望の門の扉を開けるのです。

また、そのような態度は「好感度アップの恩恵」として

自分に跳ね返ってきます。

ガツガツしてなくて、子供みたいに素直で可愛らしい態度は

誰からも好かれる資質です。

無邪気に心をオープンにしていることで

「好感度」という素晴らしい贈り物もゲットできるってわけです。

また、この度数にはエロティックな意味合いも込められています。

「欲望の門を開いて受け入れる」わけですから

それは

女性が男性を性的に受け入れることと似ています。

牡羊座は「本能的な視野」で世界と関わるサイン。

「性欲」も、生まれつき持っている生き残りをかけた本能なので

牡羊座は「性欲」にも正直で素直なのです。

ロゴ