Code no.13  牡羊座13度 成功しなかった爆弾の爆破


code.No13

牡羊座13度  「成功しなかった爆弾の爆破」

An unsuccessful bomb explosion.


失敗など恐れずに思い立ったら即行動・猪突猛進な人

🌟Keyword・エネルギー

「衝動」「激しさ」「猛烈な」「前向き」「猪突猛進」「イライラ」「今を生きる」

IMG_5750

🌟13度 (活動宮)

*パワー全開度数

周囲も圧倒するほどのカリスマ的な力を発揮するのが13度。

11度で「理想を形にする実行力」

12度で「理想を形にする本能の力」を発揮した牡羊座は

13度でその実行力と本能の力を発揮して、直感力を高めていきます。

🌟ドデカテモリー

*獅子座/乙女座

獅子座の「情熱」と乙女座の「集中力」を利用して牡羊座に猛烈な行動力を与える。

🌟牡羊座13度の可能性のある日付け

4月1日、2日、3日

🌟目指す方向性

・「思い立ったが吉日」を合言葉に即実行すること。

・衝動の力や本能の力を意識して上手に利用していくこと。

・「失敗は成功の鍵」を実証していくこと。

・何度でも挑戦することができるハートの強さを磨くこと。

・勝負に負けても、気持ちを素早く切り替えることで得られる効果を利用すること。

・今この瞬間を生きること。

🌟この度数の人の特徴

・思いついたことをすぐさま実行できる人。行動力がすごい。

・頭の回転が早い。

・せっかち。短絡的な面も。かんしゃく玉を持っている。

・無計画に衝動のまま進めるので失敗も多いがすぐに立ち上がる人。

・イライラ。短気。爆発的な怒り。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・衝動的にイライラしたり怒ったりしている時。

・性急に物事を進めて自爆した時。

・失敗しても諦めずに何度もトライしている時。

🌟シンボル考察

*ばくだんベビー

国民的RPGゲームのドラゴンクエストに

「ばくだんベビー」というモンスターがいます。

この子は

「ばくだん岩」というモンスターの赤ちゃんなんですが

赤ちゃんといえども

全てを破滅させる「メガンテ」という恐ろしい爆発の魔法を唱えるので

瞬間、プレイヤーは心底ビビります。

しかし、この子はまだベビーなので

その魔法を発揮するほどのマジックポイントを持っていないようで

「メガンテ」はハッタリに終わり

あっけなくプレイヤー勝利!となるわけですが

モンスターからしてみたら、プレイヤーは恐ろしい敵。

恐ろしい敵から身を守るために

衝動的に「メガンテ」を唱えてしまうのでしょう。

自分が「メガンテ」を扱いきれる能力がまだない

ということを理解できずに

「ばくだん岩ファミリー」の遺伝子に組み込まれた

防衛本能が働いて反射的に唱えてしまうのです。

どうやら

サビアンシンボルの教えによると

にんげんベビーも、このばくだんベビーと同じような成長過程を辿るようで

自分の身を守るための防衛本能として

衝動的に「メガンテ」のような破壊力のある魔法を唱えるんですが

なにせ

言葉も持たず、まだ思ったように動くことすらできない赤ちゃんなもんで

不発に終わってしまうという体験をするというのです。

「衝動的に爆弾を投下し失敗に終わる」を繰り返していくことで成長していくのでしょう。

爆弾が成功するかどうかよりも

爆弾を投下する「衝動の力」を成長させることの方が大事なのです。

*衝動と本能

「衝動的に行動する」ということは

理性で抑えることのできない行為ということで

一見、良からぬことと思いがちですが

正常に働いてくれるのであれば

それは命を守ってくれるくらいの力を発揮してくれるわけで

軽視してはならない、私たちが本来持っている力です。

牡羊座11度からは

自分の欲求を叶えていくための方法をいろいろと探求しているのですが

11度では

欲求を解消するために積極的に外に働きかけ

12度では

欲求を解消するために、自分の内部にあるホメオスタシスの力を利用しました。

そして13度では

「衝動の力」で欲求を叶えていくという方法を試しているのです。

「衝動」って言ったら

「内部から急速に湧き上がる抑えがたい欲求」なわけですが

私たちはしょっちゅう、この衝動に突き動かされて行動して

後で後悔するを繰り返したりします。

この突然訪れる衝動は一体どこから来るんでしょうね。

ということで調べてみたら

健康を維持したり

安全を保障したり

種を残したりするための衝動は「本能」からやってくるそうです。

身に危険が迫っている時

頭で何が起こっているのかわからなくても

体が危険を察知して衝動的に戦ったり、気づいたら衝動的に逃げていた

なんてことがありますが

これは闘争・逃走本能のなせる技。

たとえ彼女がいたとしても

他の女性に言い寄られた時

「彼女に悪いしな」と頭ではわかっていても

気がついたら衝動的に浮気をしてしまったという男性も

理性よりも子孫を残したいという生存本能が勝ってしまった結果。

「食べる」もそう。

ダイエットしているのに

衝動的に何かを大食いしてしまうのは

「食べる」という本能に突き動かされているんです。

動物的な本能の力が

私たちを衝動に駆り立て

反射的に行動を起こしてしまうんです。

というか

最近の生物学においては

「本能」という言葉を使用せずに「衝動」と呼んでいるそうですね。

しかも

「本能行動」を「生得的行動」と呼ぶとか。

本能という言葉に慣れているので

頭がこんがらがってきてしまいますが

つまりは本能=衝動ってことですね。

牡羊座の体験領域は

生まれたばかりの乳児の段階を示しているのですが

言葉も持たず、自分で動くことすらできない赤ちゃんは

本能、つまり衝動の力に支配されています。

赤ちゃんの笑顔はとても可愛くて誰もが癒されてしまいますが

あれも本能的行為で

守ってもらうため、可愛がってもらうために笑うようになるとか。

また

子猫は首ねっこをつままれて持ち上げると大人しくなりますよね。

あれは輸送本能と言って

運ばれている時に鳴いてしまうと

敵に見つかって母猫、子猫共々危険に陥るってことで

運ばれる時は大人しくなるという本能が働いているそうですが、

それは人間の赤ちゃんにも備わっていて、母親に運ばれる時は静かになるそうです。

私たちは生まれつき

生き残るために必要な本能(衝動)を持っていて

理性を得てしまうと、本能を抑えてしまいがちになりますが

身体から湧き上がる衝動の声は

自分の身を守り生き残っていくための力。

牡羊座は

「ここに在りたい」という

生命の炎を燃やすサインですが

牡羊座の生命の炎とは「本能(衝動)」の炎なのです。

*猪突猛進

牡羊座を代表するワードとして「猪突猛進」が挙げられますが

カリスマ性を発揮する13度においては

猪突猛進さが爆裂します。

思い立ったら即行動。

湧き上がった衝動のまま突っ走っていく実行力を持っているんです。

思い立ったら即行動するので

結果がどうなるかなんてことは一切考えない。

衝動の力に突き動かされて

失敗なんて恐れずにどんどんチャレンジしていくんです。

「衝動的に行動」=「爆弾」

だとして、失敗に終わっても構わない。

失敗を恐れるよりも

チャレンジし続ける方が大事だって意気込みで

何度でも爆弾を仕掛けるんです。

「思い立ったら即行動派」の人達の意見を聞くと

「悩まないから時間が短くて済む」

「やらないで後悔するよりもやって後悔した方がいい」

「いつ死ぬか判らないんだからせっかちなくらいが丁度いい」

「思い立ったら吉日だ」

と口を揃えて言うことでしょう。

確かに、素晴らしいアイデアがひらめいたとしても

行動に移す前にあれこれと

引き起こされる結果や人の評判なんかを考えてしまうと

勢いが停滞して諦めてしまったりします。

慎重に考えることも大切だけど

考えないで行動してしまうことも大切で

行動することで経験値がレベルアップしていきます。

失敗をすれば

次からはその失敗を避ける工夫も出来るし

「兎にも角にもやってみる」

という姿勢は人を成長させてくれるものです。

「失敗は成功のもと」。

自分の本能の力、

衝動の力を信じて即行動に移すことは

私たちが成長する上で大切なことなのです。

*今と繋がる導火線

過去でも未来でもない。

牡羊座は、今という瞬間に繋がる導火線を持っています。

この導火線は本能で出来ています。

これを使用していけば「生きている」という実感を得て

生命力が活性化し、

生まれ落ちたこの世界を、最後の最後まで堪能することが出来るのです。

ロゴ