Code no.12  牡羊座12度 野生の鴨の群れ


code.No12

牡羊座12度  「野生の鴨の群れ 」

A flock of wild geese.


ホメオスタシスを信じて感謝する・呑気に構える人
🌟Keyword・エネルギー

「呑気さ」「ポジティブ」「身を任せる」「ホメオスタシス」「本能」「自然治癒力」

IMG_5739

🌟12度 (活動宮)

*法則の力を利用する度数。

探求心を発揮して新しい素材(自然の力)を発掘していきます。

11度において

理想を叶える方法を身につけました。

積極的に自分の欲求をストレートに伝えることで理想が叶うことを知ったのです。

それを受けた12度においては

受け身な状態で、自分の欲求を叶えるために

自然の法則を取り入れていきます。

🌟ドデカテモリー

*獅子座

獅子座の「自信」を利用して牡羊座に安定感を与える。

🌟牡羊座12度の可能性のある日付け

3月31日、4月1日、2日

🌟目指す方向性

・自然の法則をいかしたライフスタイルをめざすこと。

・自分の生命力を信じること。

・ホメオスタシスに関することを学ぶこと。

・オーガニック製品を取り入れること。

・自然の流れに沿った理想的な環境、生き方、社会の在り方を実践していくこと。

・自然の秩序を守ること。

・自分の生命力や、自分を生かしてくれる本能に感謝して過ごすこと。

🌟この度数の人の特徴

・「なるようになるさ」的なポジティブさと呑気さを持つ人。

・自然界を動かす法則に関心を寄せたり宇宙的リズムに魅了される人。

・自分の考えに自信を持っている。頑固な人。

・自分流の生き方を目指す。

・生き残りための力=本能的な人。

🌟この度数のエネルギーを使用している時

・怪我しても「これくらい大丈夫!白血球が治してくれるわ!」と呑気に構えている時。

・有機農法をリスペクトしている時。

・ホメオスタシスの働きに感謝している時。

🌟シンボル考察

*本能のコード

鳥の群れがV字型の編隊飛行を組むのは

「体力の消耗を防ぐため」「敵対策」という効果があるそうです。

後ろを飛ぶ鳥達は

先頭を飛ぶ鳥の羽が巻き起こす気流に乗ることができるので飛行が楽になり

体力を温存できるとか。

また、とても合理的な仕組みになっていて

先頭を飛ぶ鳥は入れ替わるそうですよ。

「疲れたら交代!」

みたいな感じで順番に、一番しんどい先頭を持ち回るんです。

なんて賢いのでしょう!

しかも協調性があってナイスチームワーク。

鳥類の頭の良さにはいつも驚かされますが

これらの行動は

遺伝子に組み込まれた本能的な側面のようです。

どうやって飛んだら省エネで飛行できるのか。

敵から身を守ることができるのか。

それらを解決してくれる情報を、内蔵して生まれてきているんです。

集団で生きて行く動物たちは

生き残るために

本能的に「集団の秩序を保つ」という側面があるそうです。

大空を集団で飛ぶ鳥も

サバンナを集団で移動する草食動物も

海の中のイワシの大群も

他の脅威から身を守るために寄り添って暮らす私たち人間も皆同じ。

生き残りをかけた

「秩序を保つ」という本能のコードを持っているのです。

*呑気さ

人から見たら

「まーホント、あなたって無頓着にもほどがあるわー」

と言いたくなるくらい呑気に構えている感じの人。いますよね。

牡羊座11度においては

自分の「不快」を解消するために積極的に自己主張したのですが

牡羊座12度においては自分の「不快」を解消するために呑気に構えるんです。

つまり

「不快」を解消して理想的な状況を手に入れるには

積極的に働きかける方法と

呑気に構えて

成り行きに任せるという方法があるというのです。

例えば

指を包丁で切った。

11度の方法を取るのであれば

「いたーい!たいへーん。指切っちゃった〜〜。

ちょっと早く消毒液と絆創膏持ってきてよーー!」と

旦那様に指図する。

12度の方法を取るのであれば

「うっかりしてた。まーいいかー。免疫力パワーで治るだろう」

と指を舐めて放っておく感じ。

慌てなくても騒がなくても不快な状況を改善するために

本能的なパワーが働くことを知っているので

何があっても呑気に構えていることが出来るんです。

自然界を見渡してみれば

その法則はそこかしこに顕現していて

植物だって動物だって

生き残るための強い生命力を持っていて

誰かの手助けがなくても成長していこうとするし

それと同じように私たちの身体にも

自然治癒力や、身体の健康の秩序を保つ力がある。

自然の力の流れに身を任せていれば、大抵の事は丸く収まるのです。

*ホメオスタシス(恒常性)

「ホメオスタシス」とは身体を一定の状態に保つ働きのことで

動物や植物や人間に加え

なんと鉱物もその働きを持っているそうですよ。

病気を撃退したり病気や傷を治す力を「自然治癒力」といいますが

それがスムーズに働く為には

体内のホメオスタシス(恒常性の維持装置)の働きが大切。

身体のバランスの秩序を保つための装置を私たちは持っているのです。

例えば

牡羊座を乳児の成長段階と照らし合わせたとして

ベビーベッドで寝ている時に「寒さ」を感じた場合。

大声で泣き叫んで

母親にその不快感を解消してもらうのが牡羊座11度だったとしたら

ホメオスタシスの力で寒さを解消するのが牡羊座12度。

寒さを感じたらホメオスタシスが

身体を震わせ熱を作り身体が冷えないようにしてくれるんです。

反対に暑くなったら汗をかいて熱を逃し体が熱くならないようにしてくれる。

誰かの手を借りなくても

自分の中に

それを解消できるシステムを持っているのです。

ホメオスタシスをコントロールしているのは

自律神経と免疫系とホルモン。

ホメオスタシスは

意志の指令で働くものではなくて本能です。

牡羊座は「本能の力」を

無意識のうちに普段使いしていくサイン。

ホメオスタシスがもたらす

生命調整装置の力や自然治癒力。

つまり自分自身の身体の働きを

素直に信じて身をまかせることができるのです。

*生き残りをかけた力

つまりそれは

「生き残りをかけた力」です。

私たちがこの世界で生きていくために必要な身体の機能。

それは、自分の意志でコントロールできるものではなく

機械のように自動的に動いてくれるもの。

起きている時も寝ている時も、

一生懸命、身体の秩序を保とうと働いてくれているんです。

自分を守るための力が、自分の中に存在していることを知ってはいても、

つい忘れてしまうわけですが

そんな機能に思いを馳せるとき、

自分を守ってくれている肉体の機能に感謝しかありません。

また、このホメオスタシスの強い力は自然の中にもそこかしこに溢れています。

強い雨風に負けない植物たち。

過酷な自然の競争世界を生き抜くための動物達の知恵。

地球という星だって

自分の生命のバランスを保とうと

ガス抜きをしたり大地を震わせたりするのかもしれません。

そのような、自然界にある「生き残りをかけた強い力」も

この度数の意味するところ。

自然界が持つ「秩序を保つ力」「生残りのための力」。

それらのものをリスペクトして

自然の流れに身を任せていくことの大切さを教えてくれている度数なのです。

ロゴ