春分図 2015



                    chart_201503210747

      (さくっとホロスコープさんよりお借りしてます)

春分を迎えました!

占星術の新年である春分の日のホロスコープを使用して

今年1年の傾向を読んでみたいと思います。

さあて、どんなことが描かれているんでしょうか。楽しみですね!

ちなみにホロスコープを使用して、個人ではなく国の動向を読んだりするのを

マンデン占星術っていうんですよ。

今日は占い師っぽく

マンデン的星読み予言で行きたいと思います。


1:今年、売れる商品 

国民の消費的傾向として、今年は精神的な満足感を得られる商品がヒットする可能性大です。

マッサージ機器やアロマオイル、快眠枕や目覚ましライト。

各種ヒーリンググッズや健康グッズなど心身共に気持ちがいいものに商機がありそうです。

体が喜ぶオーガニック食品や、ナチュラル素材の洋服など

所有することで精神的にも豊かになる。そんな商品がヒットしそうです。

他にも心の安心ってことで災害グッズが再び売れそう。

また音楽や絵画など、芸術的な事柄も盛り上がりそうです。

キーワードは五感で楽しめるもの。

2:景気 

景気の方は今年も「・・・。」ってな感じです。

とても流動的で安定しなさそう。

曖昧な資金の流出もあったりして、例えば国民年金の積立金の行方が判らなくなるとか、破綻するとか、

未来のために積み立ていていたものが問題になりそうな星の配置です。

まーよくある話ですけれどもね。巻き込まれたくはないものです。

3:災害 

やはり気になるのは災害ってことで、見たところ、

なんだか嫌な事を連想させられる星の配置になっています。

「地震」を意味する天王星と、

「強制的な破壊力」を示す冥王星が

ピッッタリの90度。

そして共に活動宮の16度。

16度っていうのはタロットカードで言えば「塔」のカードで、

雷が塔を壊す絵柄が描かれています。

それと同じように占星術の16度も殻が壊される度数。

殻が破られることでショックもありますが、

結果、「視界が開けて良かった!」ってことにはなるけれども、

壊されるもんは壊される。

頑張って守っていた均衡が、

ふと気がぬけて崩れてしまうみたいな感じで油断ができない感じです。

しかも災害を見るときには4ハウスを見るのですが、

その4ハウスには木星が入ってます。

木星っていったら、「幸運」の星と言われているので、

あらラッキーと思いきや、

上記した天王星と冥王星と関係性を持っています。

木星がなぜに「幸運」の星と言われるのかと言えば、

全ての影響をどんどん「広げてくれるから」。

てことはーーーー。

「崩れた均衡が、どんどん広がってしまう」

という影響力を持ってしまうのです。

しかもしかも、

4ハウスのカスプのサインは蟹座なんですけども、

蟹座の支配星である「月」がどこにいるかというと

なんと地震を示す「天王星」の隣。

ちょっとオーブは広めですけれども、

「なぜ、そこにいるーー!」

って突っ込んでしまいました。

しかも天王星、月と共に

太陽、金星、火星と5つもの天体が

「騒乱」や「混乱」を示す12ハウスに入ってます。

12ハウスには「テロ」という意味もあるので、

この災害は、地震だけでなくテロ行為による混乱と読むことも出来ます。

言われてみれば、

山羊座の冥王星を

厳格で伝統のある組織の強制的圧力と読むならば

海外の過激な思想を持つ集団による突然の破壊行動による混乱という意味も浮かび上がってきますね。

春分図は3月21日より2〜3ヶ月前、つまり年始から効力が出てくるっていうので

もしかしたら、このことは、今年の始めにあったisisの人質事件のことを

示しているのかもしれませんが、油断は禁物。

気をつけていきましょう。

4:秘密 

国民には知らされない秘密のお話しなんて、きっとたくさんあるんでしょうけども

今年はその秘密のお話がどんどん進展していきそうな感じです。

「気がついたら、知らない間に国会で大事なことが決議されていた」

「どこかの国との秘密の密約」

みたいな裏工作のような、私たち一般市民の知らない場所での動きが

活発になりそうな星の配置になってます。

ちなみに、山羊座は「アメリカ」を示すという話もあります。

アメリカ、つまりはユダヤ関連の言いなりになり、

彼らの思う壺にどんどん入っていくのかも。

貿易関連、つまりはTPP。

日本に不利な決定により

国内の経済の将来性が打撃をくらうことになるのかもしれません。

アメリカさんの陰謀などは

陰謀論研究者の方々に厳しく目を光らせてもらうこととして

政治的にも何かが変わる激動の時代って感じですね。

5:自己表現

そんな重っ苦しい状況の中、じゃあ国民は何に希望を見出していくのかっていうと

音楽や映画、絵画や小説や漫画、

お笑いやバラエティーなどの文化的なものに心を委ねていく傾向がありそう。

また、圧迫した社会の空気からの捌け口として、自己表現をする人も増えてきそうです。

今はネットで簡単に表現できますもんね。

ブログを始めたり、

ユーチューバーになったり、snsで知らない人と交流を始めたり。

愚痴や悪口じゃなくて、明るい方向へ持っていけるような

表現者がたくさん出てくるといいんですけれども!